がん治療の正しい情報を

どんなに現代医学が進んでもガンは未だに難病の1つではあります。
万が一、自分もしくは親しい人ががんになった場合どうすればいいのか?
こちら(がん治療と向き合うための情報サイト)で勉強しましょう。

がんと聞くとかつては不治の病と思われていました。
しかし、現代ではがんの中には治療によっては治るものもあることがわかっています。
がん治療といってもその種類はたくさんあります。
よく知られているのは放射線治療でしょうか?
基本的にがん治療は手術療法・化学(薬物)療法・放射線療法の3つです。
他にも温熱療法や免疫療法などがありますが、主流となっているのは上記の3つです。

がんの進行具合は「ステージ」と呼ばれていることはご存じでしょうか?
実を言うと3つ以外に今、効果が期待されているのが免疫療法です。
免疫療法は患者さんがすでに持っている免疫ががん細胞を攻撃しやすくするように導くものです。
これは放射線治療と違い、副作用がほとんどないということです。
さらに転移性のがんの予防にも効果があるということで注目されています。

がん治療で今、また1つ注目されているのが「重粒子線治療」です。
速度をおよそ70%まで加速させた光の重粒子線を照射します。
これにより体内のがん細胞を攻撃するものです。

Leave a Reply